英智学館
  • 資料請求
  • 教室見学
  • 無料体験
  • お問い合わせ

転職・中途採用をお考えの方へ

1.人を大切にする会社

Team work first チームでの解決をメンバーの成長に繋げる。
一人ひとりの課題や目標

私たちが日々接するのは、生徒であり、その保護者であることは言うまでもありません。10人の生徒がいれば、10人それぞれに個性があり、課題や目標があります。この一人ひとりの課題や目標を実現するには、どうすればいいか。これが、私たち指導に携わる講師の役割です。

 そのためには、生徒に直に接する講師がイキイキと仕事に取り組めるように、教室運営に関わる専任スタッフ、教務担当、教室長、エリア長、ブロック長など、上下にとらわれない、メンバー同士の風通しの良い職場環境が何よりも大切と考えています。教室運営には、課題や目標があります。

 時には、問題も発生します。「どうすれば解決できるか、その考え方と方法は」これを一人ではなく、教室運営に関わるチーム全体として解決をする。一人で解決するよりも、チーム全体として問題を共有し、解決のための知恵を出し合う。このことが参加メンバー全員の成長へと繋がります。メンバー全員がイキイキと、闊達に指導や運営に当れる環境がここにあります。

2.人を中心に動いていく企業

Members first メンバーの活動領域を拡げる
生徒の成長と同じように、私たち自身も成長する

生徒の成長と同じように、私たち自身も成長することが必要です。それは、机上のプランに終わらせず、実際の行動によって獲得していくものです。拙速でもかまわない。失敗を恐れず、行動することによって、仕事の領域を拡張できる、人が自転軸となっているのも私たち英智学館の特長の一つです。

 我々は、これから先のAI時代を迎えようと、最終的に人が担う部分、人がオペレーションする部分が重要だと考えています。つまり人が中心になって事業を展開していくこと、人が人へ与えていく影響こそが企業の成長と捉えます。
 したがって人を必要としない方針ではなく、人をより充実、成長させていく取り組みや制度を充実させていきます。

3.転職者インタビュー

 英智学館には、中途や転職をして活躍しているスタッフが沢山います。
 その中から数名のインタビューを掲載します。
 ぜひご参考にしてみてください。

統括部 教務課長 大崎ブロック長
統括部 教務課長 大崎ブロック長 村上宗俊
転職する前は何を

 学習塾の教室長として業務にあたっておりました。教室管理業務および本部経理、社団関連業務などに従事していました。日々の業務は、学習塾経営の全般に関連するものとして取り組んでいました。

転職するきっかけは

 キャリアアップと自らへの挑戦です。実際自分がどれだけの業務をこなしていくことができるのかは、挑戦してみなければ分かりません。そして、どこまで自分を高めていくことができるのかを自らに課そうと考えたからです。

転職する際に迷ったことは

 長年学習塾に関する業務に携わり続けてきたので、自分自身が会社から求められることに応えることが可能なのか、これまでの経験などを活かしながら、新しい会社に適応していくことができるのかなど、会社を替えること自体に不安がありました。

転職しての感想は

 これまでの経験などを考慮して頂きながら、日々の業務にあたることができましたので、ある意味これまで取り組んできた延長上に、その業務が存在していたように感じられました。また、自らが望んでいた人材育成や教務向上に対して、様々な角度から携わることができる環境を提供して頂き、大変働きやすい環境であったかと感じます。そして、自分自身の意見を活かして頂きながら(もちろん他のスタッフからのアドバイスや意見を取り入れながら)、新しい業務に携わることができたことは、会社を替えた自分にとっては、非常にありがたいことであったと感じています。

転職してみての苦労は

 苦労話は書き始めたらキリがないように思いましたが、案外思い出そうとすると出てこないものです(多分、その時期その時期に「辛いな」とか「キツイな」といった経験をしている筈なのですが…)。今こうやって思えば、それ以上に、自分自身に「得るものが多く存在していた」ということなのかと感じます。日々の業務に関して、充実感を得られていたからこそ、苦労した記憶が曖昧になるのかと感じます。

今後、転職をお考えの方へのメッセージ

 転職に対しては不安な思いが先行するものではありますが、英智学館には、万全のサポートがあります。そして、充実した日々の業務が待っています。業務に対して努力したこと、取り組んだことを評価してもらえる環境も整っていると感じます。皆さんも自分自身のスキルアップやキャリアアップを目指して、自分自身を試してみましょう。きっと新しい発見や思いもよらない可能性に喜びを感じることができるでしょう。

統括部 仙台ブロック仙台北エリア長
統括部 仙台ブロック仙台北エリア長 池田一訓
転職する前は何を

 大学卒業後、アパレル関連の仕事に就きました。業務内容は、品出し、商品整理、レジ、接客対応などの通常業務はもちろん、店長代行者の1人として、シフト作成や金銭管理、1日の業務計画および指示出しなどを行っていました。

転職するきっかけは

 他県への異動を命じられたことがきっかけです。社会人として働き始めた頃は、転勤のある仕事に対してポジティブな印象を持っていましたが、働いていくうちに、徐々に『地元で働く楽しさ』『地域に根差した仕事』に興味を持つようになっていたこともあり、地元で働ける仕事への転職を決意しました。

転職する際に迷ったことは

 実は、前職を退職した後、約2年程フリーター生活を送りました。これと言ってやりたい職種や業種がなかったからなのですが、社会人経験1年程度で、あとはフラフラとフリーター生活を送っていたそんな状態からでもキャリアを積むことが可能かどうかというところに迷いました。

転職しての感想は

 英智学館は、地域に根差した学習塾という印象で、教室裁量が大きく、思ったことや考え付いたことを、実現しやすい環境だなと思います。新規開校などの新しいチャレンジにも参加させてもらう機会をもらって、キャリアを積むチャンスも多くいただきました。 また、元々お楽しみイベントを企画したり、その場を楽しく過ごしてもらえるよう盛り上げたりすることが好きだったので、そういったところが今非常に活かされているなと感じています。

転職してみての苦労は

 プレッシャーが多方面からくることに苦労しました。通ってもらうからには楽しく通ってもらいたいという想いと、生徒の成績に対するプレッシャー、志望校合格へのプレッシャーなど、今も常に奮闘中です。

今後、転職をお考えの方へのメッセージ

 「塾超楽しい!」「英智学館に通わせて良かった!」といった教室への評価が、そのまま自分自身のチャレンジの評価だと思います。チャレンジしやすい環境で、そういった声の届きやすい職場だと思うので、非常にやりがいを感じる仕事です。ぜひ一緒に生の声を体感しましょう!

統括部 古川駅前校 管理者
統括部 古川駅前校 管理者 但木早紀子
転職する前は何を

 シンガポールにて日系飲食店の統括マネージャーとして、店舗管理から経営管理、FC事業拡大など会社運営全体に携わっており、主に英語を使った現地の方々とのコミュニケーション業務を中心としておりました。

転職するきっかけは

 日本への帰国です。何かをはじめるときには大きく一歩を踏み出してみよう!という思いから、心機一転のチャンス・・・新生活に伴い、環境をがらりと変える新たなチャレンジとして転職を決意しました。

転職する際に迷ったことは

 やはり、自分に講師が務まるのか?という点です。新しいことに挑戦することは好きな方ですが、それに伴う責任に関しては不安でしかありませんでした。ただ、何事でもチャレンジするのに不安はつきもの、悩んでも仕方ありません(笑)

転職しての感想は

 不安はすぐに吹き飛びます!というより、吹き飛ばされます!! まずは研修がロープレを含めた充実した内容だったので、事前に授業風景や進行のイメージをしっかりと持つことができました。そして、実際の授業では、あれこれ考えるよりもあっという間に時間が経過していきます。デビュー戦は必死すぎて…という要素もあったかと思いますが、今では楽しんでいるからこそ感じる時間の早さです。また、アットホームな環境で気軽に相談できる先生方がいてくれる心強さも、私にとって「転職してよかった!」と思える大きなポイントでした。

転職してみての苦労は

 物事を教える、ということにcompletedがないところです。いつでも新しい疑問や課題が発生してくるので、常に勉強。学生時代より参考書を開いていると思います(笑)ただ、すべてが自身の知識となるので苦労する価値は大いにあります!

今後、転職をお考えの方へのメッセージ

 とにかく悩んだり、迷ったりしたらチャレンジしてみること!だと思います。 ありきたりな言葉になりますが、やらずに後悔するのは損する人。興味を持ったことをまずやってみる!のが得する人。結果、よかった。と思えたらもう最高ですよね!

4.転職をお考えの方へ

募集要項について

募集要項Ⅰ中途採用をご覧ください。

エントリーはこちら
  • 無料体験はこちら
  • 資料請求