英智学館
お問い合わせ・お申し込みは20120-710-981
  • 資料請求
  • 教室見学
  • 無料体験
  • お問い合わせ

新コンテンツについて

新コンテンツへの取り組み 新コンテンツへの取り組み
新コンテンツへの取り組み

システム開発サテライン管理課

はじめに

英智学館は30年ほど前から、個別指導の草分け的存在として個別指導に軸足を置いて生徒さんの指導を行ってきました。 伝統をつくりこれを守ることも大事ですが、その一方で、常に最高のものを追い求め、手を加えていくことも必要です。 システム開発サテライン管理課は、英智学館において新しい指導の形を追い求めるために、 新コンテンツをどのように作りこみ、あるいはどのように導入するかを考えています。

1ゼミの導入

個別指導とゼミ指導。一見相反するものと思われがちですが、 個別指導には「ひとりひとりの状況にあったきめ細かな指導ができる」というメリットがあり、 ゼミ指導については「リーズナブルに多くの学習時間を確保することができる」というメリットがあります。 したがって、これらの利点を組み合わせたコースを開発の一環として、英智式ゼミを段階的に導入しております。

ゼミの導入
2ICT導入の試み

近年世界は急速にデジタル化が進んできており、 いろいろな分野においてデジタルコンテンツの導入が行われております。 教育産業においても同様の流れになっておりますが、ICT(Information and Communication Technology)の導入は 、導入それ自体が目的なのではなく、生徒さんの成績を上げて目的とする進路に進んでいただくための導入でなければいけません。 したがって現在システム開発課としては、現在指導のどの部分でどのようなデジタルコンテンツをどのように組み込んでいくかを模索・検討しております。
その第一弾として、速読・そろばんの導入があります。

速読

英智学館で行っている速読は、パソコンを使って文章を早く読むことができ、 さらに早くこれを理解することができるようになる画期的なシステムです。すべての学習の基本は国語力です。 どの教科科目にしても、文章を読み理解するというプロセスが必要となります。 したがって、このプロセスを効率よくこなす事ができれば、学習ははるかに効率的に進めることができるようになります。
また、この速読を学習することにより動体視力が高くなるため、球技などのスポーツにとってもかなり有効なトレーニングとなります。 実際に、プロ野球やJ リーグなどでも導入されているところもあります。

速読
そろばん

そろばんというと、昔ながらの・・・というイメージがありますが、英智学館のそろばんは一味違います。 デジタルコンテンツを使用して、効率よく計算トレーニングをすることができます。 近年では脳の力を鍛えるトレーニングとして、そろばんが見直されてきております。 英智学館では、そのそろばんをICT 化により新たな形で導入しております。

そろばん
これから

指導には「これでよい」というゴールはありません。 英智学館ではこれからも理想の指導の追求という形で、生徒さんの夢をかなえるために、これからも新コンテンツの開発・導入を進めていきます。

教務へのこだわりについて
目指す講師像について
新コンテンツについて
英智学習通信(バックナンバー)
地域貢献CUP活動報告